ヨガの歴史

さわやかな空気を吸いながらヨガポーズ

近年の健康、ダイエットブームですっかり定着したのがヨガです。健康やダイエットにも効果が高く、メンタル面にも良い効果があるとして知られていますが、ではまず、ヨガの歴史から紐解いていきます。ヨガの起源は約5000年前のインドと言われています。その頃は、主に修行の一環として行われていたとされています。その後、仏教やヒンズー教などの影響を受け、発展していったと考えられています。日本に伝来したのは、平安時代と古く、その頃は瞑想を中心として行われていたとされています。そして、現在のブームは2004年頃に始まり、ハリウッドセレブの間で流行したことが発端となっています。そして、現在でも老若男女問わず多くの人に愛されてるのです。

健康とダイエットに効果的とされるヨガですが、ヨガのもたらす具体的な健康効果について紹介します。まず1つ目の効果は、ダイエットです。ヨガは有酸素運動ですので、代謝をアップしてくれます。その上、遅筋と呼ばれる細い筋肉を鍛えることができるので、しなやかで美しい体作りに役立つのです。2つ目の効果は、メンタル面です。緩やかな動作と深い呼吸を必要とするため、脳が自動的にリラックスしていきます。それによって脳内のストレスが軽減し、特にうつ病などに効果が高いとされています。3つ目の効果は、不妊の解消です。女性ホルモンの分泌が活性化するため、不妊解消に効果があると言われています。 そして現在、ヨガを習得するため留学する人も増えています。留学では、完全にヨガを身につけることができるだけでなく、インストラクターの資格も取得することが可能なのです。海外留学に不安を覚える人には、通訳者がいる留学システムも用意されています。ヨガ留学で、体と心の健康と仕事が一度に手に入るのです。